BEST BUY

テクニカルな素材を巧みに仕立てた
『Hurricane(ハリケーン)』シリーズ。

TYPE : Flow

DATE : Sep 14, 2020

SEALUP(シーラップ)は、数多くのアウターを手掛けるイタリア老舗ファクトリーブランド。その高品質のプロダクトは、歴史に裏打ちされたデザインでありながらも、テクニカルな素材を巧みに仕立てたウェアも得意としています。その中でも、レーザーカット裁断などの高い技術を駆使したアイテムを展開しているシリーズが『Hurricane(ハリケーン)』です。

こちらの2型は、トラディショナルなモデルでありながらも、襟や着丈の長さを短く設定し、袖にはSEALUP(シーラップ)のラバーパッチを施したことで、程よいカジュアルさを演出。また、緻密に設計されたパターンは、身体に沿った美しいラインを生み出してくれます。SEALUP(シーラップ)らしさを表現した裏地は、からみ織りが施されており、その下にプリントされておりますので、滑りやすく軽快に羽織る事が出来ます。他にも、雨の侵入を防ぐ防水テープやスマートフォンがすっぽり入る内側のポケットは、随所にこだわりを感じさせてくれます。

  • トレンチコートは、もともと第一次世界大戦中、「塹壕(ざんごう)」という敵の銃砲撃から身を守るために、陣地の周りに掘る溝で着用していました。そのディティールは、肩につけた装備を落ちないようにするエポレット、袖からの風や雨の侵入を防止してくれるカフストラップ、銃を発砲したときの衝撃を吸収するガンフラップなど、特徴的な部分は残しながらも、モダンなシルエットと機能性が高く張りのある生地を採用した事により、大人が嗜むスポーティーなコートとして、着回しやすい逸品です。

    SEALUP

    ハリケーン トレンチ コート

    ¥120,000 (+tax)

    BUY
  • シンプルで汎用性が高いバルカラーコート。日本では「ステンカラーコート」と言われておりますが、こちらは和製英語になります。正しくは「バルマカーンコート」略称として「バルカラーコート」などと呼びます。その歴史は、19世紀末イギリス・スコットランドのインバネス近郊の地バルマカーンで着用されたものが由来。レインコートの一種として誕生し、今日まで変わらないデザインは、完成されたフォルムではないでしょうか。そんなバルカラーコートをSEALUP(シーラップ)が近代的なスタイルにアレンジ。洗練されたシンプルな佇まいを活かしながらも、モダンさを体現する為に、ショルダー部分はセットインスリーブにすることによって構築的な形に。さらに精密なステッチワークや第一ボタンのオリジナルスナップボタンを施すことによって、アーバンな雰囲気を一層醸し出します。

    SEALUP

    ハリケーン バルカラー コート

    ¥90,000 (+tax)

    BUY

今回、ご紹介させて頂いた『Hurricane(ハリケーン)』の特徴として、機能面が優れたポリエステルが使われております。この合成繊維素材は、製造過程で化学物質を練り込むことで、様々なメリットを意図的に作り出すことができます。その為、耐久性・速乾性・防風性に加え、撥水性とナチュラルストレッチも併せ持っているので、様々なシーンに対応したテクニカルファブリックです。時代背景に合わせた機能とデザインの融合は、SEALUP(シーラップ)を象徴するかの様な仕上がりのシリーズです。是非この機会にご覧ください。