大西陽一 / STYLE

ミラノのストリートスナップから ひも解く最旬トレンド。フラワープリントシャツは女性からの高評価間違いなし!?

TYPE : En

DATE : Aug 21, 2021

海外セレブのスナップは、ファッションに興味のある方以外もチェックする人気コンテンツ。
最近のスニーカーやビッグシルエットアウターなど日本でのメガトレンドは、こうしたSNSが火をつけ広まりました。

それまでのファッション雑誌やコレクションがやっていたスタイルの良い(痩せていて高身長で顔が小さい)モデルを使ったトレンド提案は、業界関係者や玄人向けの発信源として存在しつつも、以前の様な圧倒的な影響力は無くなっています。

メンズのファッショントレンドもリアルさが求められる様になり、日本人のファッションブロガーも増えてきてはいますが、フォロワーを獲得するためなのか似た様なコンテンツが目につきます。
そんな時に、イタリアのスナップを改めて見返すと、まだまだ日本では見かけないユニークな着こなしに出くわし、コロナ禍でもファッションを楽しもうとか、自分も真似してみようかなという前向きな気持ちが湧いてきます。

ということで、今回はミラノのスナップの中で、日本ではあまり見かけないけど、トライすれば高評価間違いないスタイリングをチョイス。

ポイントは、定番デザインのスーツに、カジュアルなフラワープリントシャツを合わせているところ。
この御仁にミラノで出会うまでは、まさかこの組み合わせが違和感なくはまるとは全く想像できませんでした。

アップで見ると、シャツのえりはかなり小ぶりで、一番上までボタンを留めてモード感を出しています。
スーツはデニムっぽいカジュアルな生地で、ラペルの幅はやや細め。

この組み合わせがうまく馴染んでいるのは、スーツの色とシャツの色を同系色のグラデーションにしているところ。
それと花柄の色が、アロハシャツの様な多色使いではなく、単色使いなのも見逃せません。

今回のスナップをISAIA(イザイア)で再現したのが、上の画像。
定番のネイビースーツに、ベースがブルーで花柄がブラウンのコットンシャツを合わせてみましたが、スナップの様に程よいヌケ感がある斬新なスタイリングが完成。

フラワープリントは、女性の高評価が望める柄なので、「ここぞ!!」という時は是非お試しください。

今回取り上げたISAIA(イザイア)のフラワープリントシャツのえり型は、イタリアで人気の高いカッタウェイ(ホリゾンタルカラー)というもの。
上の写真の様に、ノータイの時にはシャツのえりが後ろに逃げるため、前から見るととても綺麗にラペル(上着)におさまります。

ただし、このえり型は小ぶりなものでも、一番上までボタンを留めるのはNGなのでお気をつけください。

シャツ一枚で着た時は、この様にヨーロッパ風のカジュアル感が際立ちます。
アメリカ生まれのボタンダウンシャツとはちょっと違う雰囲気。
とはいえ、ショートパンツやホワイトパンツといった夏のカジュアル定番アイティムとの愛称は抜群なので御安心を。

元々のデザインがカジュアル仕様なので、着丈は短め。
勿論、スーツやジャケットにもコーディネートできる様な着丈になっています。
裾を出して着た時に、スッキリ見えるバランスの良さや、フロントボタンの一番下をあえてのレッドするなど、隅々にISAIA(イザイア)の美学が詰まっています。


  • 【Profile】 : スタイリスト / 大西陽一 氏
    「メンズ・イーエックス」「レオン」「メンズ・プレシャス」「アエラスタイルマガジン」などで スタイリストとして活躍。親しみやすい人柄とファッションに対して熱い情熱を自ら表現し、 多くの方から愛されています。エディターの一面も併せ持ち、アルソーレの代表も務めています。