INTERVIEW

イザイア ショップ マネージャーがオススメ!春夏に着るブラックチェックジャケット!

TYPE : En

DATE : Jun 20, 2021

イザイアの店頭やフローエンスでも、ご好評いただいております春夏コレクション“The Salvatore Di Giacomo (サルヴァトーレ・ディ・ジャコモ)”。ナポリ海岸やディ・ジャコモ氏に関連する場所を色や柄で表現しながらも、その一方で歴史的な建造物や街並みの「影」も反映され、繊細な感受性で体現されたモダンなコレクションです。

そこで今回はイザイアのショップマネージャー 大澤 篤さんがお勧めする一着をご紹介。

  • - ナポリ発祥のトラディショナルテーラードスタイルにも多大な影響を与えたイザイア。その魅力や特徴について、お聞かせください。

    大澤氏(以下敬称略)「1920年代に初代エンリコ・イザイアが服地屋からスタートして、1957年にはイザイア3兄弟によってナポリ近郊のカサルヌォヴォという小さな町にアパレル工場が設立されました。このサルトリアの町で一流メゾンブランドのOEMからスタートします。自社工場で仕立てているので着用感の満足度、完成度は群を抜いていますが、服地屋からスタートという出自もあるように、生地に対しても並々ならぬこだわりがあります。イタリアナポリの華やかなカラーリングに加えてラグジュアリーな素材をふんだんに使ったコレクションは他ブランドにはない唯一無二のエレガントさがあります。」

  • - 大澤さんが感じる今季イザイアの特徴を教えてください。

    大澤「今シーズンの主軸はパステルカラーが多く、黒やグレーを掛け合わせたモノトーンも打ち出しています。これからは明るい色が増える季節ですので、敢えてモノトーンで全身を纏めるのも引き締まった印象でカッコイイですよ。」

  • - イザイアというと、ナポリの日差しにも映える色合いが印象的でしたので、モノトーンのアイテムをセレクトされるとは意外でした!因みに、オススメな一着はありますか?

    大澤「やはりこのブラックとグレーのチェックジャケットかなと思います。チェックですがブラックがベースですしチェックの部分もグレーですので、決して派手にはなりません。モデルは「CORTINA」でイザイアで最も着やすいモデルとして認知されています。ボリュームのある肩回りは肩にクセがある方にもハマり易く、2枚芯地を入れたラペル周りは、私のように胸板が無い方にも抑揚のある胸周りに変えてくれますよ。それでいて着丈はそこまで長すぎないので重たい印象にもなりません。」

  • - 最後に直営店ミッドタウン店の魅力について教えてください。

    大澤「直営店ですのでスーツ、ジャケットだけでなくカジュアルアイテムや小物に至るまで、トータルで商品展開をしています。それとイザイアの専属チーフテーラーが在籍していますので、細かいお直しのご要望はもちろん、お客様のご体型に合わせてカッコよくそれでいて無理のないフィッティングなど、色々とアドバイスもさせていただきます。それと常時オーダーも承っておりますのでお気軽に生地もご覧いただけたらと思います。是非、イザイアの世界感に触れていただけたらと思います。皆様のご来店お待ちしております!」