STYLE BOOK

GRANSASSO(グランサッソ)のデザイナーが着る12ゲージ “モックネック” ニット。

TYPE : Flow

DATE : Jan 23, 2020

GRANSASSO(グランサッソ)の中でも、定番として支持され続けているのが、細かく密に編み込まれたコットンハイゲージ。古いレンガ工場を改築したコットン製品の専門工場や、画期的な浄水施設を備える染工場も所有し、すべての工程をイタリア国内で行っている為、クォリティの高さや美しさが感じられます。その確かな技術力は、国内外のブランドも数多く手掛けているのもうなずけます。

今回はGRANSASSO(グランサッソ) デザイナーのカルロ・ディ・ステファノ氏が以前来日されたので、オススメの12G モックネックニットを着用して頂きました。

ホワイトカラーのモックネックはジャケットとの相性も◎。シャツの代わりに、取り入れる事で、トレンドを取り入れたスタイルに。ネック部分はタートルネックよりも低いため、カジュアルな雰囲気が高まり、こなれた印象を与えてくれます。

ブラックカラーは、落ち着きのあるシックな印象に。一枚でもサマになる色合いと、柔らかな編地が相まって、シルエットの良さを引き立たせてくれます。ジャケットやコートを羽織っても、バランスの良いコーディネートに仕上がります。

  • < ホワイト >< ネイビー >< ブラウン >< ブラック >の4色展開。ソフトコットンが持つ柔らかなタッチは、シーンを問わず活躍してくれます。洗練されたシルエットは、バストや肩にしっかりとフィットしつつも、裾に掛けて程よいゆとりが、大人らしい雰囲気。裾の仕様はフクロリブになっており、裾のサイドにはスリットも入っているので、腰回りもスッキリとしています。また、製品染めとは思えないくらい均等に染まっており、その美しさと風合いは、GRANSASSO(グランサッソ)ならではの仕上がりに。リブ部分と編地の縫い合わる縫製技術のリンキングは、一目一目丁寧につなぎ合わせられ、匠の技を感じられます。都会的な雰囲気も併せ持ったモックネックは、ジャケットやスーツの合わせだけではなく、カジュアルスタイルのレイヤードとしても取り入れやすいニットです。 是非この機会にワードローブの一着として、加えてみては如何でしょうか。

    GRANSASSO

    モック ネック ソフトコットン ニット

    ¥21,000 (+tax)

    BUY