BEST BUY

“サスティナブル”を反映させたエコムートンとは⁈

TYPE : Flow

DATE : Dec 26, 2020

近年、Sustainable (サスティナブル) という言葉が浸透してきました。直訳すると「持続可能な」といった意味合いになります。2015年9月には、国連総会で「Sustainable Development Goals / 持続可能な開発目標 (SDGs) 」を採択し、地球及び繁栄のための行動計画として、国連加盟193か国が共通目標を掲げました。

その内容は、2015年から2030年までに、貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和的社会などに関する「17の目標」と、それを達成するための具体的な「169のターゲット」で構成されています。そして、目標を達成するべく「行動の10年」として、スタートしたのが2020年でした。ですので、今年はよく目にする機会が多かったと思います。

もちろん、衣類品にもSustainable (サスティナブル) に対する意識が高まり、様々な変化が起きています。

課題のひとつとして、注目されているのが、「大量廃棄による環境への悪影響」です。これはファストファッションの流行が、大きく関与しているとの見解があるようです。やはりコストを抑え、安価で提供している分、愛着が沸かず、使い古したら捨て、新しい衣類を買うといったサイクルが起きています。その為、日本では年間約100万トンおよそ、33億着が廃棄されており、廃棄物の焼却処理に伴い、二酸化炭素の排出が増え、環境にも大きな影響を与えています。

この問題は日本だけではなく、世界中で起きており、ファストファッションからラグジュアリーブランドまで対策に取り組んでいます。「Louis Vuitton (ルイ・ヴィトン) 」、「Berluti (ベルルッティ) 」などのラグジュアリーブランドを持つグループ LVMH (ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー) や元ビートルズのポール・マッカートニーの次女が立ち上げた「Stella McCartney (ステラマッカートニー) 」、1873年に世界で初めてジーンズを誕生させた「Levi's (リーバイス) 」などの名だたるブランドは、環境に配慮したサービスや製品を提供しております。

また、FLOENSが取り扱っている各ブランドも、伝統的な技術とテクノロジーを駆使しながら、高品質な物作りを行い、シンプルで長く着られるものを用意しています。

特にGRAN SASSO (グランサッソ)の代表的なモデルとなった「エコムートン×ローゲージ ニット コンビ ブルゾン」は、現代を象徴するかのような逸品です。エコムートン(合成皮革)は今までのイメージだと、本革と比較した場合、上質さがなく、チープな印象だと感じてしまう方もいらしゃるかと思いますが、本商品は一切そんなことを感じさせません。

ナチュラルな風合いを醸し出しながらも、厚みのある生地を採用。ムートン(本革)に引けを取らないハイクオリティを実現しております。織物の上にポリウレタン樹脂を塗り、独特な表情を生み出しております。肌触りの良いタッチも魅力的な部分ではないでしょうか。エコムートンの内側にはボアが付いておりますが、表面と同様にソフトな質感になっているので、身体の馴染みも良く、洗練されたシルエットを味わえます。

  • GRAN SASSO

    エコムートン ローゲージ ニット コンビ ブルゾン

    ¥63,000 (+tax)

    ローゲージとの組み合わせは、カジュアルな佇まいでありながらも、どこかラグジュアリーな雰囲気も併せ持ち、Sustainable(サスティナブル)な一着として、オトナが好む仕上がりです。ぜひ、この機会に地球環境を考え、長く愛用できるものを選び、Timeless Style (タイムレス スタイル)を確立してほしいです。

    ※画像の方はGRANSASSO(グランサッソ) デザイナーのカルロ・ディ・ステファノ氏です。

    BUY