BEST BUY

シーラップの代表的なモデルのサイズ比較。

TYPE : Flow

DATE : Jan 15, 2022

一月も中旬に差し掛かり、一年で最も寒い時期が近づいてきました。この時期にも間違いなく活躍してくるのがSEALUP(シーラップ)のコート。

寒さを凌ぐ保温性と撥水性を併せ持った、普遍的なデザインは定番として持っておきたい名品です。その中でも、SEALUP(シーラップ)を代表する"Genova (ジェノバ)"は、気になっている方も多いと思います。そこで、今回はサイズ比較をご紹介させて頂きます。

SEALUP-COAT


【モデル詳細】
身長172cm / 体重72㎏ / 着用サイズ48 
(バスト98㎝ / ウエスト88cm / 補足情報 : 前肩・猫背・撫肩)


SEALUP-COAT


SEALUP-COAT

最初にサキソニースーツ(生地感として少し厚みを抑えたスーツになります。)の上から着用したのがサイズ48になります。モデルの方は、他のブランドでも、普段サイズ48を着ているとの事で、サイズ的にも丁度良いシルエット。しっかりと肩に負荷が掛かる為、見た目以上に、着にくさは無く、快適な着心地を堪能出来ます。また、肩の構造は可動域を考えられている為、若干大きめに設計されています。この事から癖がある体型の方でも合わせやすい事が分かります。肩線も真上ではなく、後ろに設定しています。肩甲骨に近い方が、より身体に沿った綺麗な後ろ姿を作る事が出来るので、SEALUP(シーラップ)の細かい配慮を感じさせてくれます。


SEALUP-COAT


【モデル詳細】
身長172cm / 体重72㎏ / 着用サイズ50
(バスト98㎝ / ウエスト88cm / 補足情報 : 前肩・猫背・撫肩)



SEALUP-COAT


SEALUP-COAT


次に着用したのがサイズ50になります。サイズ48と比較すると全体的におよそ1㎝~2cm大きくなります。画像を見比べると、若干前身部分に余裕がある様に見えますが、大きすぎる事はなく、ドレープ感がエレガントな雰囲気を醸し出します。しかし、脇下のフィット感などを考慮すると、やはりサイズ48が妥当との事。一つサイズを上げても綺麗なシルエットを実現できるのは、パターンが秀逸だからこそ。細腹の設計もエレガントに見える重要なポイント。脇下から裾に掛けて、徐々に広がっていく細腹は、身体に沿いながらも、構築的で優美な印象を与えてくれます。


(※細腹…前身頃・後見頃・細腹 の「三枚裁ち」の裁断・縫製方法。元々は曲線部が多い女性用の服に使用されていましたが、現代の男性スーツにも同じパターンが採用されており、立体的なシルエットを実現しております。)

SEALUP-COAT


ミラノテイストを体現するSEALUP(シーラップ)は、エレガントな雰囲気とタイムレスなデザインが魅力的なブランド。特に新旧の美しさが融合する港湾都市Genova (ジェノバ) と名が付けられたコートは、その名の通り、普遍的な美しさで着る人を引き立ててくれます。その背景には、専門的かつ高度な技術ときめ細かな気配りが行き届いています。これから長く着る事を見据えて、ワードローブに加えてみてはいかがでしょうか。


SEALUP-COAT